ある介護職員の物語


介護付き有料老人ホームで介護職員をしている私は、あることに悩んでいました。

 「今日もダメだったか…」

 午後3時になると毎日ため息をついている気がする。悩みの種は「レクリエーション」。企画・担当するのは好き…いや、それは言いすぎかも。どちらかというと苦手ではない。準備に時間がかかるけど、入所者さんが楽しそうに参加してくれるのをみると、もっと頑張ろうと思えます。

 ただ最近、なにを企画しても興味を示してくれない方が…。

 

「とし子さん、今日はみんなで歌を歌いましょう!」

「今日は、座ったまま体操しましょう!」

「折り紙はどうですか?」

「春ですね!さくらの塗り絵をしませんか?」

 

 とし子さんは、1ヶ月程前にここに入所してきました。2年前に脳梗塞で倒れ、リハビリである程度改善したものの、右半身に少し麻痺が残ってしまいました。退院後は自宅で生活をしていましたが、麻痺が残る身体では自由に外出できなくなり、その影響もあってか徐々に軽度の認知症症状もみられるようになっていました。旦那さんはすでに亡くなっていて、遠方に住む息子さんが、「ひとり暮らしは心配だから」と入所を決めたのでした。「自宅を離れるには嫌だ」と拒否をしていましたが、最後は説得されて渋々…。

「鈴木さん、とし子さんのこと気にしすぎじゃないですか。参加はしないけど、部屋にこもっているわけでもないし、雰囲気だけでも感じて貰えればいいじゃないですか。仕事はそれだけじゃないんですからっ」

後輩のえみちゃんからもそう言われてしまい、「それもそうだよね」

という気持と、

「でも軽度の段階でこのままでは…」という気持ちが入り混じり、ため息ばかりでるのでした。
「マンネリしちゃってるのもダメなんだよね、きっと」

やってみたい

「今日のレクはじめますねー」

声をかけると、とし子さんは、いつものように部屋の隅に座っていました。

 今日も不参加か…。

 ちょっとあきらめモードで始めたこの日のレク。まさか、彼女からこの言葉が聞けるなんて!

「今日は、創作レクです。手先の運動にもなるし、頭の体操にもなりますよ。それにね・・・」

 事前に飾っておいた作品が功を奏したのか、この日はなんとなく皆の反応がいい。

 説明を終え部屋を見渡すと、とし子さんと目が合いました。

「とし子さんも…」そう言いかけたとき、彼女の口から「やってみたい」と。

「えっ!!」

 つい声が出てしまいました。

「…やりましょう!こちらにどうぞ!」

そう伝えると、おずおずと普段から仲の良いふみ子さんの隣に座りました。

「麻痺があるけど…できるかしら」

「所々お手伝いしますね。それに手順書もありますので、ゆっくり、できるところまでやってみましょう」

 そんな会話を聞いてか聞かずか、となりのふみ子さんはレクの最中、とし子さんを気にかけ、手伝ってくれていました。

 「とし子さん!どうでしたか?参加してみてっ」

 レクのあと、私は参加してくれたことが嬉しくて、少しはしゃぎ気味に聞いてみました。

むずかしかったね

「そう…ですか」

 しまった。やっぱり急にはむずかしかったか。せっかく参加してくれたのに、もう嫌になっちゃったかな。

 そんなことを思いうつむいた私に、とし子さんは続けてこう言いました。

「だけど楽しかった。これ見て。みんな褒めてくれたの。ふみ子さんも手伝ってくれたし、まさか完成するなんて思わなかったわ。レクってやっても意味ない気がしてたけど、リハビリにはいいわね。みんなとの交流も作品をはさむと少し気が楽ね」「次はもっときれいにつくるわ」

 

その顔は笑顔で、とても満足気でした。


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

「とし子さん良かったですね。わたしレク苦手じゃないですか。これ楽しそう。今度一緒にやってくださいよー」

 その日の退勤間際、えみちゃんが駆けよってきてくれました。

「でもこれって、作品一つだけですか?結局マンネリになっちゃうじゃないですか。なんだぁ」

 彼女の良いところはなんでも素直に言葉にするところ。そう思いながら私は答えました。

「要介護度とか器用さによって、できること・やりたいことはみんな違うじゃない?これ見て。簡単な作品から少しだけ難しそうな作品まであるの。それにほら、これなんか好きなだけ自由にやっててもらうとか、応用がきくわ。他にもつくってみたくなるし、状態の維持改善を本人に実感してもらうことでマンネリを防げるようにもなるわ。」

一気に話し終えると、えみちゃんはすこし驚いた様子で、

「いいですね!自分でもちょっとやってみたいかも。レクを機能訓練につなげるの、悩んでたんですよね。今度教えて下さいね。」と。

 私は、ため息が一度も出なかったことに気づき、少しだけ帰宅の足取りが軽くなったのでした。

彼女がレクでつかったもの…
それが、糸かけリハビリテーション【いとりは】

糸かけアートでリハビリを

カラダのリハビリ
ピンをさし、糸をかけることで手先の運動に。手順を覚えたり、数をかぞえることで頭の運動に。上体を起こして行うことで姿勢保持に。
ココロのリハビリ
創作することで感情をリラックス。インテリアやプレゼントにすることでより楽しく。作品を通してコミュニケーションも円滑に。
次へのチャレンジ
自分の能力に合わせて無理なく作品を作りましょう。できたら難易度を少しだけあげて、チャレンジ糸の色や太さを変えることで仕上がりも全く違う印象に
次へのチャレンジ
自分の能力に合わせて無理なく作品を作りましょう。できたら難易度を少しだけあげて、チャレンジ糸の色や太さを変えることで仕上がりも全く違う印象に

こんにちは
糸かけリハビリテーション いとりはです。

私達は調剤薬局の会社が運営しています。

私達はこれまで、「薬に頼りきらない健康づくり」として地域のコミュニティーセンターや自社でのワークショップ、自治会・企業様からのイベント出張等で、「糸かけ遊び」を提供してまいりました。老若男女多くの方に参加していただき、どの方も自分の作品が出来上がることに喜びと自信が芽生え、作品を通して、たくさんの笑顔とコミュニケーショが生まれました。
今回、「いとりは士講座」を創ったのは、スタッフのこんな一言からでした。

母親に「一緒に糸かけをやってみないか」と促したところ興味をもってくれ、やってくれた!

実はこのスタッフのお母様は片麻痺の障がいがあったのです。規則性やかけ方も教えて一緒にやったみたものの、実際は、逆にかける、規則がわからないなどで、なかなかうまくいかなかったようです。それでも時間をかけて、何とか最後までかけることができました。「本人はよくわかっていなかったかもしれないけど、興味を持ってくれて、最後までやってくれたことがうれしかった」と教えてくれました。また、お母様も、最後までやり遂げられてとても満足気だったそうです。
この話がきっかけで、

・糸かけをつくる・糸かけで遊ぶという「楽しさ」を通して身体的・精神的なリハビリの一助に・・・。
・糸かけで、その人らしさを大切に、生活行為の向上に役立ててもらいたい。

そう思ったのです。
つながり・コミュニティーづくりのきっかけとしても、ぜひお役立てください。

10人中9人がまたやりたい

一度体験したほとんどの方が、「またやりたい」と回答してくださいます。
その多くの理由が「楽しかった」「満足した」

楽しさを感じてもらうこと。継続意欲を引き出すこと。
すごく大事ですよね。

なぜ、いとりはでは、「またやりたい」といってもらえるのか、それは・・・

その人らしさを大切にしているから

いとりはでは芸術技術の向上を目的としていないのです。繰り返し行うことで、もしかしたら技術は向上するかもしれませんが、
一番の目的は、その人がその人らしく、より充実した毎日を送れることです(生活行為の向上

作品作りで最も大切にしていることは、工程中の、「楽しさ」と「遊び」。
だれがみてもきれいな作品作りをするのではなく、自分の好きな色、好きな糸、好きな数。そういった作品作りの楽しさや、「やってみたい」という思い、個性の表現を大切にしています。

もし、技術向上を目的としてしまったら・・・

今日はこれをやって、それができたら次はこれ。
できるまでは次のステップにいけません。

もしかしたら、カラダのリハビリには必要なことかもしれませんが、ココロはどうでしょう?
やりたくないことを順序だてられるのは苦痛と感じる人が多いのではないでしょうか。

やらされ感もなくしたい

そしてもうひとつ。
やらされ感があると、人はどうしても前向きな気持ちを持つことができません。やらされ感は「負」の気持ちですので当然です。
「やってみたい」「やってしまおう」と思ってもらうことが大切です。

とはいううものの、「やらないといけない」から「やってみたい」と感じてもらうのは至難の業・・・。提供する側も説明に一苦労・・・。
だけど、「やって(みても)もいいかな」はお互いにちょっと楽。そんな感じ、しませんか?


いとりは士講座を受けるといいこと6選!

その人を知るための知識が学べる
1
その人らしさを引き出すためには、その人の背景を知らなければ。
そんな思いから、高齢期の心身の変化とその接し方をまとめました。信頼関係を築くにあたっても、その方の心身がどのような状況にあるのかを知り、その上で接することが大切です。

また、高齢期の方と接するということは、必然的に認知症についての知識も必要となります。その方の尊厳を守るためにも一緒に学びましょう
脱・やらされ感
2

やらされ感をなくすために、作業に動機付けをしてあります。
たとえば、
「糸をかける」という作業の狙いは、
「糸をつまみ作業を繰り返すため、つまむ力の向上が考えられる」など。

さらに、段階づけも。
つまむ力を向上させるための段階づけは、「糸の太さを太いものから細いものへ」など。

なぜやるのか、どうすればそれが向上するのかをきちんと説明することで、「やらなければ」から「やってみてもいいかな」へ導きましょう。

作業評価一覧シートがありますので、次の「やろうかな」へもつながります。
すぐ使える!導入方法と説明方法
利用者さんへ いとりはを導入するための準備と手順。
そして、どういう効果が期待されるのかの説明文も手順書内に明記。
もちろん手順書は複製OK!印刷すれば明日からでも活用できます。
写真付きで分かりやすい手順書が
手に入る
4

写真付き&糸のかけ順番号シート付。不成功に終わらせない工夫もしてあります。
理解するのに時間がかかる方でも「わかりやすい」「意外と簡単だね」と好評です。
繰り返し使えるピン打ちシートが
手に入る
5


付属のピン打ちシートは、何度でもコピーして利用可能です。

10cm、15cm、20cmのサイズを用意してあります。
17種類の作品をマスター!
6

この講座を受けると、基本の糸かけを合わせて、17種の作品をマスターすることができます。作品ごとに難易度も違いますので、利用者さんに合わせて作品を選択できます。
そしてそれぞれに、上記の評価シートがついてきます。
「この作品で、この効果を目的に取り組む」
そんな使い方をすると・・・。バリエーションが広がります。

いとりは士講座の内容

【基本テキスト】
いとりは作業概論や高齢期の方・認知症の方との接し方、いとりはを行うにあたっての心構え・導入方法等が学べます。

【作業手順書】
糸をかける基本的な作業説明と、創作手順がすべて写真つきで解説してあります。作業によって期待される効用も明記してあるため、印刷後すれば、すぐに使うことができます。

【ピン打ちシート】
いとりは士講座で使用するピンを打つためのシートです。それぞれ10㎝・15㎝・20㎝の3つの大きさでご用意しています。

※テキストはWebからダウンロードしてお使いください

【材料】
板(16枚)・ピン(200本)・糸(39色)
そのほか創作に必要材料諸々

専門家の声

初めての方でも作業手順を
理解しやすく作りやすい

40代 作業療法士
指先を使う作業が中心ですが、手指の筋力を維持することだけでなく視覚や触覚といった五感を活用すること、考えながら指を動かすことで脳の活性化にもつながります。インテリアとして部屋に飾ったり友人に送ったりと、作品を通して他の方との交流にも。
レク+リハという考え方
30代 ケアマネージャー
この講座を学ぶことで、「日常生活がリハビリである」という概念を持ちケアに取り入れられるようになります。レクリエーション+リハビリテーションを体験することができ、対象者の状態の改善・維持も「遊び」から見える化できます。
レクリエーションのマンネリ解消
30代 レクリエーション介護士
今までにあまり体験したことのないレクリエーションです。
作品によっては短時間でもできますし、要介護度がちがっていても、糸の色を選んでもらうなどの役割分担も。レクの選択肢の一つとして知ることができてよかったです。
レクリエーションのマンネリ解消
30代 レクリエーション介護士
今までにあまり体験したことのないレクリエーションです。
作品によっては短時間でもできますし、要介護度がちがっていても、糸の色を選んでもらうなどの役割分担も。レクの選択肢の一つとして知ることができてよかったです。

さらに、いとりは士になるとこんな特典があります

いとりは士 特典

  • 「いとりは士限定」フェイスブックグループ参加権
  • シークレットWebショップへのご招待
    (一般よりもお得に材料など購入できます)
  • シークレットWebショップへのご招待
    (一般よりもお得に材料など購入できます)

なぜ通信講座を提供することにしたのか?

講座をつくったのは冒頭のスタッフの話がきっかけではあるんですが・・・、
ひとつは、リアルで参加できない人にお答えするためです。 

そしてもう一つ、私達は、「共に健幸を育む専門家」だからです。
医療技術や薬物治療で得られるものばかりが「健康」ではなく、生きがいづくりや人と人との繋がり、食事や趣味、そういったものから得られるココロの健やかさ・社会とのつながりが、「健幸」を育む
私達はそう思っています。

健幸づくりは、ひとりではできませんし、私達の力だけで成し遂げられるものでもありません。
ですので、皆さんと共に健幸を育んでいきたいと思っています。

もちろん、あなたがイキイキとしていることも大事です。
利用者さんだけでなく、あなたの支援もさせていただきたいのです。

互いに知る、支え合う、それが心豊かな社会になると信じています。

今回のご案内は、「糸かけ技術を学ぶ」だけのものではありません。あなたの「なんとかしたい」「利用者さんに楽しんでもらいたい」を形にできるものです。

あなたには、すばらしい想いがあるのです。
今回のご案内はそんなあなたのお役にたてるものであると、信じています。

まずは、あなたが体験!
体験キットのお申し込みはこちらから!

手順書
ピン打ち用シート
作業分析・段階づけシート
材料(糸や板など)

手元に届いたらすぐに創作できます!
ハサミは各自でご準備ください

追伸

ここまでお読みいただきありがとうございます。

もしかしたら、いきなりここから読んでいる方もいるかもしれません。
なぜなら、私がそのタイプだからです。

上から読んでも、ここから読んでもご理解頂けるように、お伝えさせて頂いたことをまとめさせていただきますね。

いとりは士養成講座を皆さんにご紹介しました。
講座で学び、いとりは士認定を受けると
その人らしさを引き出し、生活行為の向上を支援できるようになります。
なぜなら、私達は、利用者(対象者)さんの「その人らしさ」「楽しさ」を最も大切にしているからです。

さらにいとりは士になると、こんな特典もついてきます。
・レクやリハのバリエーションが増え、再利用可能な手順書が手に入ります。
・準備の時間が節約でき、材料も必要な分だけ安く購入することができます。

講座は通信制で自宅にいながら受けることができます。

今回はまず、
皆さんに「いとりは」がどういったものなのかを知っていただきたいと思います。

本当に楽しいものなのか、レクとして役にたつのか、リハビリを担うことができるのか。
それを確かめていただいてから受講していただきたいのです。
もちろん、私達には自信があります。
作業療法士の方やケアマネージャーの方、介護の現場に携わっている方に意見と助言をいただき、構想から形にするまで、約一年間の時間をかけました。そして、これからも「どう楽しんでもらえるのか、どう介護の現場で役にたつのか」を探求していきたいと思っています。

なので、ぜひこの機会にまずは「無料」であなたが体験してください。


最後になりますが、これで締めとさせていただきます
「わたしたちは、あなたと一緒に身近な人の健幸を育みます」

もし、このメッセージにご共感いただけたのであれば、一緒に「いとりは」を楽しみましょう!

あなたのお申込みを心よりお待ちしております。


提供企業について

株式会社 Zelkova
宮城県内にて調剤薬局と地域の方向けのコミュニティスペースを運営。

【医療技術や薬物治療で得られるものばかりが「健康」ではなく、生きがいづくりや人と人との繋がり、食事や趣味、そういったものから得られるココロの健やかさ・社会とのつながりが、「健幸」を育む】

との想いから、人が本来もっている「治す力」をひきだす健康づくりを展開。
【会社概要】
本社所在地 〒980-0011
      宮城県仙台市青葉区上杉1-12-20
      グランデージ上杉103号
電話番号  022-397-7264
設立    2015年7月
事業内容  
調剤薬局・カルチャー教室・コミュニティスペースの運営
HP     https://zelkova-health.com

調剤薬局(宮城県柴田町)
いとりは 出張
自社にてチャリティ展示会
いとりは 出張